fc2ブログ

Welcome to my blog

花と歩く

Article page

キヅタ

Category - ウコギ科

葉の形がいろいろの不思議。 キヅタ   

キヅタ(木蔦)
ウコギ科 キヅタ属 常緑ツル性木本 


キヅタに実が出来ています。

キヅタ
2017.12.17

ブドウ科のツタと比べ、より木質なことから「木蔦」という命名。
葉も、厚く光沢があります。
紅葉し、落葉するブドウ科のツタ(夏蔦)に対し、冬にも葉があることから、冬蔦とも呼ばれます。

キヅタ
2017.12.5 隣り合って生えるツタ(赤い葉)とキヅタ(緑の葉)。

ヤツデのページで、ウコギ科の花は、球状に花をつけるのが特徴とご紹介しました。
このキヅタも例にもれず、球状の散形花序。
その果実は放射状につきます。

キヅタ
2017.12.17 先端に花柱が残っています。春までに黒く熟します。

葉は互生。
地面を這うような、若い枝につく葉は、浅く3裂、5裂し、いわゆる「ツタらしい」形。
対して、花が咲くような老成した枝につく葉は、裂けずに菱型っぽい卵型になります。
同じキヅタなのに、こんなに形が違うなんて、面白いですね

キヅタ
2017.12.5 若い枝につく葉は、浅く3~5裂します。1枚目の写真の葉と比べてみて!

ツタ
2017.11.20 気根を出して、からだを支え、這い上がります。(写真はセイヨウキヅタ)
この根はあくまで体を支えるためのもので、周囲に食い込んで養分を吸収するような根ではないそうです。

セイヨウキヅタにも、キヅタの若い葉とそっくりなものがあり、私には、写真を見ても判別付きません・・・
「セイヨウキヅタの若い葉柄や葉裏には、長くて白い毛がある」そうですが、確認できませんでした。
毛がめだたないのか、セイヨウキヅタだと思っていたけれどキヅタだったのか?
今後の課題にします!

セイヨウキヅタ
2017.11.20 ↑セイヨウキヅタと思っていたけど、毛がないのでどうなんだろう?

キヅタ
2017.12.5 斜面すべてを覆いつくすキヅタ。莫大な数の実をつけています!!
キヅタの天下が続きそう・・・。


















スポンサーサイト



Category - ウコギ科

6 Comments

ぱふぱふ  

観賞植物として売られてますが、いくらでも増えるし暑さ寒さに強いから
最近は車道歩道の境のフェンスに這わせて、道路の緑化も兼ねて植えられていますね
伸びた枝葉を切ってそろえるときに少しもらって水栽培して根を出してから
鉢植にしましたが、今では我庭の主のような顔して茂っています(笑)
八つ手の花に似た花がかわいいですよね

2017/12/22 (Fri) 10:30 | REPLY |   

くぅ  

あらん、若者とお年寄りでカタチが違うなんて、切ないわ。(笑)
でも生命力が強いんだねぇ~
お年寄りも元気って事?(*'ー'*)ふふっ♪

2017/12/22 (Fri) 17:00 | EDIT | REPLY |   

平家蟹  

キヅタの気根は寄生根ではないと分かっていても不気味ですね。
茎も毛深くて結構太いし始めて見た時はキヅタとは思わずなんだろうと思いました。
悪さをするわけではないでしょうがやはりあまりいい感じがしないのか根本から切られているのを見たことがあります。

2017/12/22 (Fri) 18:30 | REPLY |   

花歩  

ぱふぱふ 様

なみいる実のある樹木を抑えて、ぱふぱふ邸の庭の主とは!!
でも、ほんとにどんどん増えますよね!
今回は、花の写真を撮り忘れていました!
ヤツデよりも早いんですね。
残念。

2017/12/22 (Fri) 22:13 | REPLY |   

花歩  

平家蟹 様

キヅタ(ツタかも?)が絡まった家は没落する、と、人に聞いたことがあります。
悪さをしないといっても、なんか、乗っ取られた感じがしますよね。
気根も、力強くて、不気味と思う気持ちもすごくよくわかります!

2017/12/22 (Fri) 22:22 | REPLY |   

花歩  

くぅ 様

ある文献によれば、葉の形が異なるのは、年数によるのか、日照等によるのか、それともその他の要因なのかは不明と書いてありました・・・。
でも、とにかく、花が咲く枝の葉のほうが行ってみれば通常運転、裂ける葉が初心者マーク、って感じ?!

2017/12/22 (Fri) 22:31 | REPLY |   

Post a comment