fc2ブログ

Welcome to my blog

花と歩く

Article page

イヌホオズキ

Category - ナス科

有毒注意! イヌホオズキ 

イヌホオズキ 
ナス科 ナス属 1年草だが、都市部では越冬することも。 
分布地:全国 史前帰化植物  

イヌホオズキ、寒さに負けず、まだ咲いています。
普通は霜が降りると枯れてしまう1年草なのですが、都市部ではしばしば越冬し、多年草となることも。
今まだ咲いている株は、冬を越せるかな?

イヌホオズキ
2017.12.22

名前の由来は、「役に立たないホオズキ」です。
イヌタデもそうですが、名前にイヌが付くと、「役にたたない」という意味が加わります。
愛犬家の方には納得いかない名前かもしれませんね。
またの名を「馬鹿ナス」。こちらも、「食べられない、役に立たないナス」という意味です。
色づく前のプチトマトのような、丸いかわいらしい実をつけますが、全草にソラニンを含み、実はもちろん、葉も茎も有毒で食べられません。
ナス科の植物は、ワルナスビやジャガイモの芽などのように、しばしば毒を含みますので、要注意です!

イヌホオズキ
2017.10.28

ナスのような花は、よく見ると可憐できれいです。
多くは白い花ですが、紫がかる場合もあります。
花期は「夏~秋」となっている文献が多くありますが、「ほぼ周年」となっているものもあります。
ナス科なので、本来は夏から秋にかけてなのでしょうが、越冬する株に注目すれば、周年が正しいとも言えます。
12月までが花期とされているオオイヌホオズキが、比較的寒さに強いのかもしれません。

イヌホオズキ
2017.12.22 白い花色に、紫色が混じっています。

イヌホオズキの仲間には、在来種ではテリミノイヌホオズキ、外来種ではアメリカイヌホオズキ、オオイヌホオズキなどがあり、区別が難しい場合があります。

これらの最もわかりやすい相違点は、実です。

イヌホオズキ    実の数4~10 光沢なし 球形~縦長 萼はやや反り返りきれいに5裂。
            真上から見ると梅の花のよう 果柄は総状(交互)につく。
            茎は直立 花が5裂する際の幅が広い 花期は8〜10月
テリミノイヌホオズキ 実の数5~12 強光沢あり 横長形 萼は強く反り返る 
              果柄は散状、総状の2種の報告あり。
              (日本でテリミノ・・・とされている植物には、実は複数の分類群が含まれているそうです)
オオイヌホオヅキ 実の数5~8 やや光沢あり 球形
            果柄は散状(1点)につくが、花数が多いと1,2個はずれる場合がある
            茎は直立 花はイヌホオズキよりも5裂する幅が狭い 花期は8〜12月
アメリカイヌホオズキ 実の数1~4 光沢あり 整った球形
              果柄は散状(1点)につく 
              茎は枝分かれし横に広がる。花は白いか、しばしば紫色となる。 花期は7〜9月

今回はイヌホオズキを2か所で撮影しています。
10月に撮影したものは「イヌホオズキ」、12月に撮影したものを「オオイヌホオズキ」と判断しましたが、どうでしょうか。

イヌホオズキ
2017.10.28 イヌホオズキ? 果柄の付き方に注目。微妙にずれているのが分かります。

イヌホオズキ
2017.10.28 イヌホオズキ? 直立に近いです。

イヌホオズキ
2017.12.22 オオイヌホオズキ? 
のっぺりした萼の形が、NETで見たものと似ていた事、花数が5以上ある箇所が複数あること、花期が12月であることから、アメリカイヌホオズキではなくオオイヌホオズキではないかと判断しました。

イヌホオズキ
2017.12.22 オオイヌホオズキ? 
全体はこんな形。上記の別株と比べると、枝分かれが多いです。葉にも光沢がありますが?

わかりそうで、わからない!
イヌホオズキ、来年も追ってみます!

本年の更新は、ここまでです。
年末は、同窓会&川崎の実家で一族総出の餅つき、
年始は旦那さんの実家広島に帰省してきます

今年は「花と歩く」をご覧いただき、ありがとうございました。
来年も、どうぞよろしくお願いします。

皆様、どうぞよいお年を!!













スポンサーサイト



Category - ナス科

4 Comments

平家蟹  

この仲間は区别が難しいですね。
イヌホオズキを見つけたのをきっかけに一念発起して識別しようと思いましたがやはり難しかった。
そもそもイヌホオズキがすごく少ない、オオイヌホオズキやアメリカイヌホオズキばかりですね(テリミノイヌホオズキやカンザシイヌホオズキはよくわからず)
花の色や数、果柄のつき方など総合的に判断する必要がありそうです。
果実の中に球状顆粒と言うのがあってその数でも区別できるそうですが、数字の境界が曖昧でそもそも種子より小さく正確には数えられない。
もうオオとアメリカだけで諦めてます、でも間違いないイヌホオズキは見てみたい。

年末の行事で忙しそうですね、良いお年を。

2017/12/28 (Thu) 20:26 | EDIT | REPLY |   

花歩  

平家蟹 様

オオとアメリカの区別が、一番難しくないですか~?
個体差や、見え方(光沢の有無)の違いもあり、識別はホントに難しいと思いました。

私も、間違いないイヌホオズキ見たい♪

今年はいろいろ勉強させていただきました!
平家蟹さんも、どうかよいお年を

2017/12/28 (Thu) 23:44 | REPLY |   

くぅ  

あらん・・・こんな可憐なお花なのに有毒?!
あらぁーー;わたしと同じだわ。≧(´▽`)≦アハハハ

名前にイヌが付くと、「役にたたない」とな?
らいねんこそは、「イヌくぅ」にならないようにがんばろっとぉ~
あれっ?でも、戌年だから無理かも~♪

と、いつもバカなことばかり言ってゴメンなさい。
今年は素敵な花歩さんのブログに出会えてラッキーでした。
春には色々なお花の名前教えてね。

今日は、わたしの今年のブログ納めにしました。
新しい年も素晴らしい年にしましょ~ね。
良い年をお迎え下さい~♪

2017/12/29 (Fri) 11:26 | EDIT | REPLY |   

花歩  

くぅ 様

こちらこそ、くぅさんの一言一言に、ふにゃりと癒されました。
来年もよろしくお願いします!
良いお年を。

2017/12/30 (Sat) 01:10 | REPLY |   

Post a comment