fc2ブログ

Welcome to my blog

花と歩く

Article page

ビワ

Category - バラ科
毒? 特効薬?? 
だけど、おいしさだけでも価値ある♪ ビワ 

ビワ バラ科 ビワ属
中国原産の常緑高木 


新春とは名ばかりの冬真っただ中、多くの果樹が葉を落とす中で、常緑のビワは、変わることなく大きな葉を茂らせています。
梅雨の頃に黄色い実をつけるこの植物が、今、ひそやかに白い花を咲かせていることにお気づきでしょうか?

ビワ
2018.1.5

白い花弁は、茶色い花柄や苞、萼に埋もれてしまい、目立つ花ではありませんが、香りがあり、花の少ない今の時期、虫たちにとってはありがたい存在です。
虫媒花で自家受粉します。

ビワ
2018.1.5 花期は11~2月。花弁は5枚です。おしべは10対の20本。おしべよりも短いめしべは5裂します。

枝葉は春、夏、秋の、年に3度伸長します。
花芽が付くのはおもに春伸びた枝の先端です。
種は、蒔けば簡単に発芽します。
種を飛ばして、庭に生えてきてしまった経験を持つ方も多いはず!
実がなるのには、こそから7~8年かかります。

ビワ
2017.12.22 琵琶の若葉。

名前の由来は、葉が楽器の琵琶に似ているとも、実が琵琶に似ているとも。
別名を 「大薬王樹」といい、葉は琵琶葉(びわよう)、種子は琵琶核(びわかく)と呼ばれる生薬です。

ビワ
2017.1.5 ビワの葉。琵琶に似ていますか?

ビワの葉、実には咳を鎮める他、多くの効能が知られています。
実にはビタミン・ミネラル類などの栄養成分だけでなく、β-カロテンやポリフェノール類も多く含まれており、ポリフェノール含量はブドウの巨峰と同程度とのことです。
また、ビワ葉には収れん効果があるタンニンなどが含まれ、ビワの葉エキスを配合したハンドクリームや化粧水も販売されています。

いいことづくめのようなビワですが、食用にあたっては、一つ注意すべき点があります。
バラ科の植物(ウメ、モモ、スモモ、アンズ、サクランボ等)の種子や未熟な果実の部分には、アミグダリンやプルナシンという、青酸を含む天然の有害物質(総称して、「シアン化合物」と言います。)が多く含まれています。
(ビワの場合は、種に比べれば微量ですが、葉にもアミグダリンが含まれています。)
青梅が有毒というのは有名ですが、青梅に含まれているのが、このシアン化合物です。
同じくバラ科のビワの種も例外ではなく、このシアン化合物が多く含まれているのです。

海外の、アンズでの例ですが、アミグダリンを多く含む生のアンズの種子を大量に食べたことによる死亡例が報告されているそうです。
日本では近年、アミグダリンが「がんに効果がある」という説があり、インターネットにはビワの種を食用にするレシピが紹介されたりもしていますが、農林水産省では、そのホームページ内で、「ビワの種子の粉末は食べないようにしましょう」と呼び掛けています。
興味ある方はご一読ください。

ビワ
2017.12.22 木全体はこんな形です。



スポンサーサイト



Category - バラ科

6 Comments

葉月  

こんばんは。
近くの公園に大きな枇杷の木があって、
実がなると公園で遊ぶ子供たちのおやつになっています(笑)
でも、花は知りませんでしたー。明日見に行ってみようッと!

2018/01/18 (Thu) 21:04 | REPLY |   

花歩  

葉月 様

八百屋さんで買ったものより、その辺で買ったもののほうがおいしいですよね!
食べるところは少なくてお

あれが、野生のチカラ?

2018/01/19 (Fri) 00:01 | REPLY |   

くぅ  

びわの実、果物としてこちらではほとんど見かけません。
もちろん木も花も・・・
そっか、身を守るすべ(有毒)をちゃんと備えているのね。
生き物って、なんだか不思議。

お久しぶりのアップですね。
お忙しいのかな?
ご無理のないようにね。

2018/01/20 (Sat) 09:57 | EDIT | REPLY |   

ぱふぱふ  

しばらく更新がないので心配しておりましたが
更新されて・・よかったと安堵しています

枇杷は、昔はどの家にも植わっていたほどメジャーでしたが
最近では逆に珍しい木になってしまってますね

花自体もあでやかでないし・・実がなり食べられることを除くと
まったく人気がなくてもかしくない木かもしれないですね(笑)

2018/01/20 (Sat) 15:26 | REPLY |   

花歩  

くぅ 様

ビワは、八百屋さんでは高級果実扱いですが、実は八百屋さんで売っているものは、キレイで大きいけれど、全然おいしくないと、私は思っています。
実家に昔生えていて、子供の頃欲しいだけもいで食べたビワが、ホントのビワの味だ、という思いが強いからです。
実家のビワは、甘くて、味が濃いのだけれど、反対に種ばかり大きくて、食べるところがほとんどなかったりするんです。
悩ましい果実ですね・・・。

更新が出来なくてすみません。
別件であわただしいのと、パソコンの不調が重なってしまいました。
毎日更新をされているくぅさんを、改めて尊敬します!
やっぱり偉いよっ!!

2018/01/23 (Tue) 23:38 | REPLY |   

花歩  

ぱふぱふ 様

ビワは、本当にすぐに芽が出るので、期せずして生えてきてしまったのかもしれませんね。
実家に生えていたビワは、急に元気がなくなり、ついに枯れてしまいました。
それほど大事に思っていなかったのですが、枯れてしまうと、「もうあの味が食べられないのか」と、毎年シーズンが来るたびに、残念に思います。
買ったビワでは、甘さが全く違いますからね!

更新が滞っていて、本当にすみません。
なのに来てくださる皆さんがいてくださることに感謝です。
行事の進行役を任されており、しばらく更新遅れ気味になってしまいそうです。
毎日更新を続けているぱふぱふさんのすごさを実感します!
細々とでも続けていきますので、またよろしくお願いします!!

2018/01/23 (Tue) 23:48 | REPLY |   

Post a comment