fc2ブログ

Welcome to my blog

花と歩く

Article page

クチベニスイセン

Category - ヒガンバナ科

スイセンの分類とクチベニスイセン

クチベニスイセン
ヒガンバナ科 スイセン属
学名:Narcissus poeticus(ナルキッソス ポエティカス)

クチベニスイセン
2018.3.24

これまで、いくつかのスイセンをご紹介してきました。
スイセンは品種改良が盛んに行われており、その数は1万種とも言われます。
莫大な数のスイセンをわかりやすく整理するため、英国王立園芸協会が12区分に分け、これに原種・野生種を加えて、全13区分とする向きがあるそうです。
また米国から始まった表記法ですが、スイセンを上記区分番号と花色(花被片・副花冠)のアルファベット頭文字とで表す方法が取り入れられつつあるそうです。
例えばニホンズイセンは房咲きスイセン(Narcissus tazetta)の仲間で第8区分。
花被片が白(White)。
副花冠が黄色(Yellow)。
よって「ニホンズイセン 8W-Y」となります。
これらは、如月悠那さんのブログにとても詳しく説明されていますので、興味のある方はぜひ訪問してみてください。
Hanagoyomi~はなごよみ~「スイセン」のページ


クチベニスイセンは、花被片が真っ白で、副花冠の縁が赤いスイセンの事。
縁の赤さが、クチベニを連想させることからこの名が付いたようです。
ギリシャ神話でナルシスが姿を変えたのがこの花。
原種スイセンのうち、赤の色素を持つのは、唯一クチベニスイセンのみなのだそうですよ。
とても貴重です

さて、身の回りで見かける「口紅スイセン」は、「口紅」の色が赤ではなく、ピンクやオレンジのものの方が多いのではないでしょうか。
これらは、クチベニスイセンを元に品種改良した園芸品種で、厳密にいえば「クチベニスイセン」ではありません。
とは言え、花屋さんでは副花冠の縁色が異なるものをすべて「クチベニスイセン」という名で呼んでいることも多いようです。

上の写真↑のスイセンも、厳密な「クチベニスイセン」ではなく、「クチベニスイセンを元にした交雑種」なのだと思います。
口紅の色が純粋な赤ではないですから。

下の写真↓も同じく、クチベニスイセンの交雑種と思われます。
これらのように、副花冠の長さが花被片(花弁)の長さの3分の1以下のものは、正しくはショウハイスイセン(小杯水仙、または小カップスイセン)と分類される品種です。
ショウハイスイセン
2018.3.24 小杯水仙

ショウハイスイセン
2018.3.24 小杯水仙

クチベニスイセンは、スイセンの中でも花期が遅く、最後に咲き始めるそうです。
クチベニスイセンの系列のスイセンたち(小杯水仙)も、性質を引き継ぎ、やはり花期は遅いそうです。

なお、副花冠が花被片と同サイズ、もしくは花被片以上のものをラッパスイセン、
副花冠が花被片(花弁)の3分の1以上、花被片未満のものをタイハイスイセン(大杯水仙・大カップ水仙)と言います。
大杯水仙は、ラッパスイセンとクチベニスイセンの交雑種です。

現在、ラッパスイセン、クチベニスイセンを用いた多くの園芸品種が開発されており、私たちの目を楽しませてくれます。
余談ですが、英国ではスイセンと言えばラッパスイセンのことで、房咲きスイセンは温室でしか育たないそうですよ。




スポンサーサイト



Category - ヒガンバナ科

4 Comments

くぅ  

水仙もいろんな種類があるんだねぇ~
なるほど、縁が赤いね。
我が家のは八重咲きの水仙なの。
雪の下から葉っぱが出てきました。
もう少しでお花が・・・ガンバれぇ~です。

花歩さんの知識いつも感心させられます。
学者さん?

2018/04/11 (Wed) 16:06 | EDIT | REPLY |   

花歩  

くぅ様


葉っぱが出てきましたか!
もう少しだね!
くぅさんのお庭のスイセンと、あと、クリスマスローズも楽しみです!

私は、知識があるわけではなくて、毎回いろいろ調べているんだよ。
毎度レポート提出の気分です。

2018/04/11 (Wed) 16:40 | REPLY |   

ぱふぱふ  

香よりも花の形大きさ色で勝負の水仙ですね
我が家にもラッパ水仙ありますが・・もうそろそろ終わりです

2018/04/11 (Wed) 17:57 | REPLY |   

花歩  

ぱふぱふ様

水仙も、もうそろそろ終わりですよね。
小学生の頃、学校に咲いているラッパスイセンが好きだったのですが、大人になると、ニホンズイセンのたたずまいに心惹かれるようになりました。
ここ数年、また、ラッパスイセン(というか、正しくは大杯水仙)の魅力に取りつかれています。
昨秋に、スイセンの球根をいっぱい植えたので、この春は水仙を堪能しました!

2018/04/11 (Wed) 23:58 | REPLY |   

Post a comment